心が震えるほど誰かを愛したことありますか?

人を好きになって
恋をして

愛が深まっていくことで、

この上ない喜びもあるけれど
辛く苦しいことも起こります。

それでも人は

何故

愛し、愛されることを
求めるのでしょうか。

作家の瀬戸内寂聴さんは、

「生きることは、愛すること」

とおっしゃいます。

人を愛することで
苦しみが伴うこともあるけれど

その苦しみを
味わうからこそ

優しさや想像力

人としての強さが

育まれる。

誰かを
心から愛することができたとき

すべてのことへの感謝が
溢れてきます。

人生は二つのステージで構成されている

人は生まれる前に
今世で何を成し遂げるのかを
決めてくる

と言われます。

しかしながら、

その決めてきたことに
取り組むために

まず、

前世までにやり残したこと

に取り組むことが必要。

人生は、

前世で
完了することができなかった宿題を

今世で取り組むことから始まります。

人生の前半では

前世の宿題を完了させるための
出来事が用意され

それらに向き合い
克服せざるおえない状況が
次々と現れます。

例えば、

前世で
好きでもない人と結婚させられ

別れたくても
別れることができなかったとき、

生まれ変わった今世では、

わざわざ、
前世のパートナーと出会い

結婚して
離婚することで

前世の宿題を完了させます。

このような前世の宿題には、

人生の前半である
45歳前後まで向き合います。

前世の宿題が完了すると、

生まれる前に決めてきた
今世で新たに実現したいこと

に向き合う時がやってきます。

そのため、

多くの人が

心から愛することのできる
運命のパートナーに
出逢うことができるのは、

人生の後半となります。

心から愛することができる人に出逢うために

生まれる前に決めてきた
魂との約束を
実現するためには、

あなた自身に
しっかりと向き合い

あなたが魂から望む
今世で実現したいことに

気づいていくこと

から始まります。

そして、

実現に向け

行動する勇気と覚悟、

淡々と進み続ける強さ

が必要。

そのために、

女性は

花笑みマインドである

自分を愛する
自分を最優先させる
自分を輝かせる

に取り組むことで

思考も感情も越えるほどの

心から愛することができる
パートナーに
出逢うことができます。

心から愛する人がいるとき

人生は感謝で溢れ

生きている

という実感が湧いてくるでしょう。

● Share this ・ ・ ・
Scroll to top