いい人をやめる

偉大な誰かを倣って
いい人になろうとして

頑張ってみても、

言いようのない虚無感が
襲ってくることありませんか?

他人の幸せが
あなたの心からの喜びになるためには、

まず

あなた自身が幸せであることが
大前提となります。

いい人、
スゴイ人になろうとする前に、

自分自身を整えて
満たされた状態にしましょう。

自己実現の先に自己超越がある

「マズローの欲求5段階説」
について

聞かれたことはあるでしょうか?

心理学者
アブラハム・ハロルド・マズローが、

「人間は自己実現に向かって
 絶えず成長する」

と仮定し、

人間の欲求を5段階の階層で
理論化したものです。

人間は、
低次の生存欲求から段階的に
欲求を満たし

自己実現へと向かいます。

どの段階の欲求に
取り組んでいるかで

その人の健康度や幸福度を
はかることができる

としました。

生命を維持するための欲求から
はじまり

低次の欲求が満たされると
次の欲求へと向かいます。

マズローは、

人間が一定してもつ基本的欲求は

抑えるよりも
引き出して満たすことで

より健康的で生産的になり
より幸福になっていく

と考えました。

そして、

マズローは晩年

5段階目の欲求である
自己実現の先に

自己超越という

他者や自己を越えた存在に
奉仕することに
心から喜びを感じる状態

があると説きました。

人は、

自己を越えた愛そのものである
大いなる存在

が本能的に
志向されているからこそ、

人生の最期まで
強い幸福感を感じることができる

と考えられます。

自分を満たしてから他人を幸せにする

自己実現は達成すべき目標ではなく

自己超越を目指す途中で
実現されていきます。

しかしながら、

この世に生まれてきた時点で

全ての人が
同じスタートラインに
立つわけではありません。

「生まれながらにして
 人のために尽くすことで
 幸せな人生を実現できる人」

「自分を幸せで満たしてから
 人のために尽くすことで
 喜びを感じることができる人」

がいます。

まずやるべきことは、

自分が
どちらに当てはまるのかを
見極めること。

多くの人が当てはまる
後者である場合には、

自分が満たされることなく
人のために尽くすと

消耗するだけに陥り

周りも自分も幸せにはなれない

という結果になってしまいます。

奉仕を行うことに
強い生きがいと幸福感
を感じながら

人生を豊かに幸せに送るためには、

まず自分のことを深く知り、

自分を整えながら
段階を
踏んでいくことが大切です。


● Share this ・ ・ ・
Scroll to top