【花笑みのもと #7】和顔施

すべての女性は

魂に美しい花を持って、
この世に生まれてきています。

女性は、この魂の花を
笑(咲)かせることで、

より豊かで幸せな人生を
送ることができる。

本来の美しさを輝かせる
サポートをしてくれる

花笑みのエッセンスを
シリーズでお伝えします。

笑顔が幸せを呼ぶ

にっこりと相手に話しかけ
笑顔を向ける行為を

和顔施

と言うそうです。

素敵な笑顔を向けられたとき
あなたはどんな反応をしますか?

きっと、自然と笑顔に
なっていたのではないでしょうか。

人は

「あなたに好意がありますよ」

という行動をされたとき、

「相手に対して好意を返したい」

という気持ちが自然と現れます。

これは、

好意の返報性

という心理作用で起こります。

また、笑顔には

あなた自身の心の状態を
健康にしてくれる効果も期待できます。

口角を上げているだけで
脳は楽しいと勘違いをして、

幸せホルモンである
セロトニンの分泌が活発に♪

満面の笑みを浮かべながら
悲しく辛いことを
想像してみてください。

難しいですよね(笑)

フランスの哲学者である
アラン(エミール=オーギュスト・シャルティエ)は、

幸せだから笑うのではない
笑うから幸せになるのだ

と説いています。

笑顔が苦手と諦めてしまわず

まずは筋肉を動かすことから
はじめてみましょう。

幸せになる笑顔のつくり方

無理に笑顔をつくろうとすると、

表情が緊張して
不自然な感じになってしまいます。

自然な笑顔になるよう

筋肉を意識した笑顔の練習方法を
お伝えします。

① 鏡の前で口の形をつくる

 口の形を

 「にー」ではなく
 「ねー」にしてください。

 上唇頬筋(じょうしんきょうきん)が
 使われるので、

 顔の中心が上向きになって
 頬が上がりやすくなります。

② 口角を意識して上げてください。
 
 頬骨筋(きょうこつきん)が引き上げられ
 目の周りにある眼輪筋が動いて
 目尻にシワがよります。

③ 目で笑う

 目が優しく笑っていると
 イメージします。

 はじめは上手くいかなくても
 イメージをして
 意識し続けることで

 必ず変化していきます。

 
あなたの魂にある美しい花を
咲かせて

周りの人たちの笑顔を
引き出していきましょう。

あなたから周りへと
幸せがどんどん広がっていきますよ❤️

● Share this ・ ・ ・
Scroll to top